小学校のときに出会った「スターガール」という雑誌について

我々が小学生6年生のときに、とある友人の父が我々に公式をサービスしてくれました。それが「立役者ガール」でした。公式をもらったことはようやくで乏しいながらも何か意味があるのかなと感じていました。開けてみると「立役者ガール」。聞いたことがないなと思いながらもさっそく読んでみることにしました。考えは海外の大学生の異性の談話でした。甚だしく変わっている女と極普通の男児の異性でした。変わっていることを受け入れられないが好きになってしまった男児は女に「普通になってほしい」と言います。女は自分が変わっていることに誇りを持っている反面、男児に嫌われたくないという気力もあり、普通に振舞おうと努力します。しかしそれは賢くいきませんでした。しかしそのときに男児は気づきました、「普段」であることがいいとは限らないし、旦那が旦那女らしく振舞っているときが旦那個々も旦那と過ごして幸せなスパンですと。小学校の我々はその公式を読んで衝撃を受けました。モラルの勉学などで持ち味を大切にと言われながらも、変わっていることはダメだと心のどこかで思っていたのかもしれません。http://www.ketto.co/

小学校のときに出会った「スターガール」という雑誌について